育児休暇の仕組みホーム - 産前・産後休暇について - 産休の期間

産休の期間


 

産休は妊産婦が母体を保護することを目的に出産前と出産後にとることができる休暇のことで産前休暇と産後休暇に分かれています。産前休暇と産後休暇では、その期間に違いがあり、明確に法律で決められていますので覚えておくようにしましょう。

・産前休暇の期間
産前休暇は出産予定日の6週間前から取得することができ、42日間休むことができます。もしも双子や三つ子を出産予定の場合は出産予定日の14週間前から産前休暇を取得することができます。そのため、産休を申請する時は分娩予定日が記載された診断書などの確認書類を提出する必要があります。

また、産前休暇の期間は出産予定日よりも早く生まれた場合は短くなってしまい、遅れて生まれた場合は6週間を過ぎたとしても産前休暇が延長されることになります。産前休暇は任意なので必ず取得しなければいけないものではありません。申請しなければ産前休暇を取得することはできず、また体調によって出産直前まで働くことも可能です。

・産後休暇の期間
産後休暇は出産日の翌日から起算して8週間取得することができ、56日間休むことができます。しかし、この8週間は必ず休まなければいけないわけではありません。法律で絶対に休まなければいけないと定められている期間は産後の6週間だけなので、本人が復職したいと希望し、なおかつ医師が支障なしと判断した場合は、出産後6週間休んだ後に仕事に復帰することができます。手続きの際には出産したことを確認できる出産証明書が必要となります。


産前・産後休暇について