育児休暇の仕組みホーム

育児休暇の仕組み


 

現在、結婚や出産を理由に会社を退社する女性は、昔よりも少なくなってきていると言われています。しかし残念ながら今でも多くの女性が働きたいという意思に反して、出産のため育児のために会社を退社しているのが現状です。そこで、働きたいけれど育児と仕事の両立に心配があるという方に是非知っておいてもらいたいのが、産前産後休暇と育児休暇の制度についてです。

産前産後休暇や育児休業は法律で規定されているもので、労働者のほとんどが取得する権利がある制度です。それなのに会社の就業規則に書かれていないから休暇を取得できないと思われている方や休暇を申請すると会社に迷惑をかけてしまうからと遠慮されている方は多いようです。

男女雇用機会均等法をはじめとして職場での女性の活躍が認められる制度は多くなってきていますが、出産後の女性が思い通りに働ける制度についてはあまり知られていないようです。育児休暇は女性が自分の好きな仕事を辞めたくないけど、かわいい赤ちゃんと過ごす時間も大事にしたいと考えている場合にとてもお勧めの制度です。そのため育児休暇のしくみについて知っておくことはとても大切なことです。

育児休暇のしくみの一つとして男性も育児休暇を取得できる制度があるのをご存じでしょうか。子供を育てることは親の義務ですが、その多くは女性だけの負担となっていることが多いようです。しかし、今後は男性も育児を行う必要性が問われてくるでしょう。男性が積極的に家事や育児を手伝っている家庭では、女性が出産後も継続して就労する確率が高くなり、また2人目以降の出産率も高くなると言われています。そのため、男性の育児参加によって少子化に歯止めがかかるのではないかと考えられているのです。

「育児休暇のしくみ」では、育児休暇や産前産後休暇を取得するための条件や基本的な知識について、男性の育児休暇取得について、また出産と育児でもらえるお金についてなど様々な情報を提供しています。子供を産みたいけれど今の仕事を続けたいと考えているならば是非「育児休暇のしくみ」をご活用ください。